News List

お知らせ一覧

授業&イベントレポート

鍼灸2年実技「取穴と触診」

  • Facebook共有リンク
  • Twitter共有リンク
  • LINE共有リンク
  • Google+共有リンク

IMG_0330.jpg

    

鍼灸学科2年生の実技授業をレポートします。

今回の授業のテーマは「取穴」です。

取穴とは、身体のつぼを取ることです。

   

背中から腰にかけてのつぼを正確に取るためには、

背骨の触診が正確に出来なくてはなりません。

先生が教える触診の方法をみんなは熱心に聞いています。

  

そして、実際にクラスメートとペアを組んで触診の練習です。

背骨の突起(でっぱり)にシールや印をつけて慎重に丁寧に触診していきます。

  

鍼灸3.jpg

    

頸椎は7、胸椎は12、腰椎は5、教科書で学び頭に入れている解剖図を思い出しながら、

背骨を触って、今触っているのが何番目の骨なのか、確認していきます。

   

鍼灸1.jpg

   

納得できるまで触診をしたら、

先生にチェックしてもらいます。

こういった地道な練習を繰り返すことで、

すぐに正確に取穴のできる鍼灸師になっていきます。