News Details

お知らせ詳細

柔整ブログ

【柔道整復師学科】入学したら学ぶこと

  • Facebook共有リンク
  • Twitter共有リンク
  • LINE共有リンク
  • Google+共有リンク

DSC00003.JPG

 

柔道整復師になりたい!みなさまのために、

柔道整復学科の古賀先生に「入学したらどんな勉強するんですか?」

というインタビューをさせていただきました。

  

ぜひ動画でご覧ください。

https://youtu.be/4hi7ZNsrzEc

  

柔道整復学科に入学して、

まず1年生で学ぶことは、

「解剖学」「生理学」「柔道整復学」です。

  

解剖学と生理学は特に重要です。

2年生、3年生で学んでいくことの基礎になります。

  

解剖学はからだの「構造」を学びます。

骨・筋肉・内臓等々の位置、動きなどを学んでいきます。

これを知らないと治療ができません。

 

生理学はからだの「機能」を学びます。

心臓って、肝臓って、どんな働きをするの?

筋肉ってどんな働きをするの?

ということです。

 

柔道整復学はケガについて学びます。

脱臼ってどういうもの?

捻挫ってどういうこと?

ということです。

 

この3つがはじめ大事になってくることです!

入学したら、しっかり勉強してくださいね。