News List

お知らせ一覧

授業&イベントレポート

鍼灸学科特別授業「接触鍼法」

  • Facebook共有リンク
  • Twitter共有リンク
  • LINE共有リンク
  • Google+共有リンク

鍼灸学科で卒業生の山本和臣先生をお招きして特別授業を開催しました。

鍼治療というと当然「ハリを刺す」というイメージを持たれていると思いますが、本日のテーマは「接触鍼法」です。

「接触」つまり「ハリを刺さない」鍼治療です。

   

IMG_5272.JPG

  

東洋医学では「気血」を整えることを考えているのですが、「接触鍼法」では気は身体の表面をめぐっているので、鍼を接触させるだけで身体に影響を与えると考えます。

身体の中に鍼を刺さない治療のため、身体への刺激の量を極めて繊細に調整が可能です。

子供からお年寄りまで、僅かな痛みにも敏感な方にも治療ができます。

    

IMG_5228.JPG

     

IMG_5234.JPG

      

指先への刺激で身体への影響を確かめる学生達。

    

IMG_5270.JPG

 

治療前後で脈の変化も確認します。

  

IMG_5278.JPG

  

山本先生は灸の実演もしてくださいました。

   

ニッケンの鍼灸学科では普段の実技練習に加え、このように様々な鍼灸の先生をお招きして、奥深く広い鍼灸の世界を学生達に知ってもらっています。

   

山本和臣先生、ありがとうございました!!

山本先生はニッケンの鍼灸学科・柔道整復学科を卒業後、接骨院や整形外科での勤務を経て、都内文京区に「経和堂鍼灸接骨院」を開業されていらっしゃいます。

経和堂鍼灸接骨院公式サイトはこちら

http://www.keiwado.com/index.html