News Details

お知らせ詳細

鍼灸ブログ

鍼灸学科1年生~練習はじめ~

  • Facebook共有リンク
  • Twitter共有リンク
  • LINE共有リンク
  • Google+共有リンク

4月に入学した鍼灸学科の学生たちの実技練習が始まりました。

今日は「鍼(ハリ)」の練習はじめの様子をレポ―トします。

IMG_4485.JPG

いきなりひとの身体に鍼を打つことはできません。まずは「鍼まくら」にまっすぐに鍼をさす練習を繰り返し繰り返し行います。

(鍼灸学科野口先生)

IMG_4483.JPG

 

1年生、真剣です。全集中。

IMG_4478.JPG

髪の毛のように細くやわらかい鍼を、固さのあるまくらにまっすぐにさしていきます。なかなかすっとは鍼が入らず、時間が掛かったり、鍼がまがってしまったりします。

 

この真剣な練習の雰囲気を感じていただくため、動画をYOUTUBEにアップしました。ぜひご覧ください。

https://youtu.be/r1ka4BsRMtM

 

この鍼まくらでの練習と同時に行っていくのが「片手挿管」の練習です。鍼の扱いに慣れていくためのトレーニングで、細い鍼を鍼管(しんかん)と呼ばれる管に入れて、鍼をさせる状態にするという動作を片手で素早く、繰り返し繰り返し行います。

https://youtu.be/3k-J4HzXKNs

 

入学直後の時期には「私、不器用でできません!!」なんて言っている1年生も、先生の指導と日々の練習で数か月すると、みんな見事に鍼を操れるようになっていきます。

 

その成長をレポートしていきますので、お楽しみに!!

来週は「灸」の練習はじめもレポートします!